0コメント

『母性』 (湊かなえ)

Unknown.jpeg

内容(「BOOK」データベースより)

女子高生が自宅の中庭で倒れているのが発見された。母親は言葉を詰まらせる。「愛能う限り、大切に育ててきた娘がこんなことになるなんて」。世間は騒ぐ。これは事故か、自殺か。遡ること十一年前の台風の日、彼女たちを包んだ幸福は、突如奪い去られていた。母の手記と娘の回想が交錯し、浮かび上がる真相。これは事故か、それとも―。圧倒的に新しい、「母と娘」を巡る物語。

感想

物語は「母の手記」と「娘の回想」・「母性について」という3つのパートがあり、それぞれ話が進んでいきます。

湊かなえさんの作品らしく、母と娘の視点から1つの物事を追っかけていくので比較的読みやすい作品です。

個人的には、世の中の女には母親と娘の2種類いるというセリフが心に響きました!

初めは誰しも親から愛され、守られる立場にあるのに、子供ができると愛し、守る立場に変わります。その切り替えがうまくできない主人公の女と愛されずに育った娘のそれぞれの視点が、ぼたんの掛け違いのようでもどかしかったです。

1度目に読んだときは全体像を理解するのが難しかったですが、理解できたときに新たな発見と驚きが待っています。

親子とはなんなのか。家族とはなんなのか。1組の母娘を通して考えてみてはいかがでしょうか。

田中


ブログランキングに参加しています!
下をクリックすることで
当ブログのランキング順位が上がります。
ぜひ応援お願いします。

母性 (新潮文庫) -
母性 (新潮文庫) -

頑張る生徒を全力で応援しよう!

学習塾ユニバースクール

川崎市宮前区宮崎台駅より徒歩1分


kansei.jpg

この記事へのコメント