0コメント

『罪の声』(塩田武士)

Unknown-1.jpeg

     内容紹介(amazonより)

「週刊文春」ミステリーベスト10 2016国内部門第1位!
第7回山田風太郎賞受賞作。
朝日新聞「天声人語」など各種メディアで紹介。

逃げ続けることが、人生だった。

家族に時効はない。今を生きる「子供たち」に昭和最大の未解決事件「グリ森」は影を落とす。

「これは、自分の声だ」
京都でテーラーを営む曽根俊也は、ある日父の遺品の中からカセットテープと黒革のノートを見つける。ノートには英文に混じって製菓メーカーの「ギンガ」と「萬堂」の文字。テープを再生すると、自分の幼いころの声が聞こえてくる。それは、31年前に発生して未解決のままの「ギン萬事件」で恐喝に使われた録音テープの音声とまったく同じものだった――。

未解決事件の闇には、犯人も、その家族も存在する。
圧倒的な取材と着想で描かれた全世代必読!
本年度最高の長編小説。

昭和最大の未解決事件―「ギンガ萬堂事件」の真相を追う新聞記者と「男」がたどり着いた果てとは――。
気鋭作家が挑んだ渾身の長編小説。

感想

塩田武士さんの『罪の声』を読み終えて、率直にこの気持ちを言葉するのが難しいです。

400頁もあるにも関わらず、決して退屈させず読み応えのある作品になっています。

実際に起こった「グリコ・森永事件」をモチーフしていて、あまりのリアリティにフィクションとノンフィクションの間にある作品だと思います。

さらに、情景描写の細かさによって、いっそうこの世界に引き込まれていきます。長編小説を苦手と思っている人にもオススメです!

内容ですが、新聞記者の取材とはこういうものなのか。事件の真相にたどり着くには、こんなにも大変なのかと少し感心してしまいました。それぐらい本当にリアリティがあります!!新聞記者と自分の声が犯罪に使われてしまった男の真実を追い求めるひたむきな姿勢に心が動かされます。

その中で、無実の子どもを犯罪に巻き込んでいく無責任な大人。作中の「子どもを犯罪に巻き込めば、その分、社会から希望が奪われるという台詞は素直に考えさせれますね。犯罪に巻き込まれた子どもたちの人生に涙がこぼれてしまいました。

事件の真相は?犯人は?子どもたちはどうなったのか?

読み終えた時には、色々な感情に涙すること間違いなしの作品です!!

田中

ブログランキングに参加しています!
下をクリックすることで
当ブログのランキング順位が上がります。
ぜひ応援お願いします。

罪の声 -
罪の声 -


頑張る生徒を全力で応援しよう!

学習塾ユニバースクール

川崎市宮前区宮崎台駅より徒歩1分



    kansei.jpg



この記事へのコメント

この記事へのトラックバック