0コメント

『10年後、君に仕事はあるのか?』(藤原和博)

51lc3GpSo0L._SX344_BO1,204,203,200_.jpg


この世に『不変』は存在しない!
〜不確実な時代を生きる3つの力〜

今を楽しもう。
先のことは考えない。
楽しめればいい。

そんな風当たりの良い言葉をよく耳にする。

確かにそうかもしれない、

しかし、

目に見えないところで世界は確実に変化している。
街の景色はさほど変わっていないが、
ネットの世界は常に大きく変化が起きている。

だから、

今、楽しめればそれでいい。
自分の頭で考えない。
努力をしない。

そのような人たちは確実に時代に、
取り残されていく。
そして、AIに仕事を奪われるというのは、
近い未来、現実のものとなるだろう。


そんな中、これからの時代に必要な力として筆者は3つの力を挙げている。

1つ目は、『基礎的人間力』
(体力、忍耐力、精神力、集中力、など)

2つ目は、『情報処理能力』
(学校教育や受験勉強等で身につく正解のあるものをインプットする力)

そして3つ目が、『情報編集力』

これは、
正解がないものに対して、

いかに自分で仮説を立て、「納得解」を導き出せるか?
不測の事態に対して、問題解決できるか?

これからの時代に、AIでは対応できない
この3つ目(情報編集力)に比重が高まっている。

そして、その力を
どのように、養っていくか?

本書を通して、実際に様々な「お題」を元に学ぶことができる。

そして、様々なスキルを身につけ、
これからの2020年代を生き抜く力を養おう。

そして、本書は社会人(大人)だけでなく
これからの未来を担う中学生、高校生、大学生にも
読み応えのある一冊である。


最後にその他で気になったテーマを記しておきたい。
・AI×人間の知恵
・「偏差値はいらない」はうそ
・学校教育は正解主義教育
・本当のグローバルに通用する人材とは?
・アクティブ・ラーニングをやる意義
・部活で鍛えられること
・「遊び」と「戦略性」
・学ぶ喜びを教えられないロボット
・手数を増やす
・希少性をどのように生み出すか?


天野

ブログランキングに参加しています!
下をクリックすることで
当ブログのランキング順位が上がります。
ぜひ応援お願いします。



内容(「BOOK」データベースより)

人工知能、グローバル化、就活の地殻変動… 約50%の仕事が今後10〜20年でなくなると言われる。 そのような時代を生き抜くためにはどんな力を身につけておくべきなのか? 教育改革実践家の著者が、高校生に語りかけるスタイルで仕事が消滅していく社会で「稼げる大人」になる方法を伝授する。


頑張る生徒を全力で応援しよう!

学習塾ユニバースクール

川崎市宮前区宮崎台駅より徒歩1分


kansei.jpg




この記事へのコメント

この記事へのトラックバック