0コメント

『贖罪』(湊かなえ)

 51nTw+TzPJL._SX349_BO1,204,203,200_.jpg 

  内容(「BOOK」データベースより)

15年前、静かな田舎町でひとりの女児が殺害された。直前まで一緒に遊んでいた四人の女の子は、犯人と思われる男と言葉を交わしていたものの、なぜか顔が思い出せず、事件は迷宮入りとなる。娘を喪った母親は彼女たちに言った―あなたたちを絶対に許さない。必ず犯人を見つけなさい。それができないのなら、わたしが納得できる償いをしなさい、と。十字架を背負わされたまま成長した四人に降りかかる、悲劇の連鎖の結末は!?

感想

今回も湊かなえさんの作品です。

湊かなえさんといえば"イヤミスの女王"とも呼ばれてたりしますよね。イヤミスとは読んだ後に、いやな気持ちになる・後味が悪いミステリーのことを言います。

この『贖罪』も、読んだ後にかなり複雑な気持ちになる作品ですね。

簡単に説明すると、娘を殺された母親が、犯人を目撃しているのに顔を思い出せない娘の同級生4人に「犯人を見つけろ!」と言い、大人になった4人は事件とその言葉がトラウマになりそれぞれ違う悲劇を引き起こしていく話です。

話の中で4人を襲う悲劇の結末には読んでいてゾッとしてしまいました。

この作品を読んで思ったことは、本人は些細な気持ちで言った言葉や、つい勢いで言ってしまった言葉も言われた人たちには重くのしかかってくるということですね。

普段、家族や友達に軽い気持ちでひどいことを言ったり、嫌味を言ったりしてませんか?言った本人は忘れていたり、そのつもりがなくても言われた人は意外に覚えていたりします。

この作品ではそれがさらなる悲劇を生みますね。

さらに湊かなえさんといえば「因果応報」というテーマもあると思います。その点にも注目してみてください。

娘を殺した犯人は?その後の4人の悲劇とは?その衝撃的な結末をお楽しみください!!

田中

ブログランキングに参加しています!
下をクリックすることで
当ブログのランキング順位が上がります。
ぜひ応援お願いします。

贖罪 (双葉文庫) -
贖罪 (双葉文庫) -


頑張る生徒を全力で応援しよう!

学習塾ユニバースクール

川崎市宮前区宮崎台駅より徒歩1分


kansei.jpg

 

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック