0コメント

『本音で生きる』〜1秒も後悔しない強い生き方〜(堀江貴文)

61ADvMOu4dL.jpg

人生はバンジージャンプ!
〜飛び込んだもん勝ち〜

言い訳をするな。
やりたいことがあっても、
何かにつけて言い訳をしてしまう。

お金がない。
時間がない。
才能がない。
自信がない。

しかし、ホリエモンはこれを徹底的に批判。
アドラー心理学を引き合いに出し、
そもそも、このような人たちは「現状維持をしたい」という目的があり、
その手段として「言い訳」を作ったり、「できない理由」を探しているだけというのだ。

他の例で言えば、
引きこもりの人は一般に、
「外に出るのが不安」だから「引きこもる」と言われているが、

実際は、「引きこもる」という状態を作りたいから、
「外に出るのが不安」という感情を自分で作っているそうだ。

腑に落ちない人もいるかもしれないが、実際はそうだと言う。
その他にも様々な言い訳をしないための方法を教えてくれる。

とにかく言い訳をやめること。
これが全てにおいて第一歩となる。

行動すること。

なんでもやって見る前から、
あれこれ考えたり判断してはいけないと言うこと。
やってみない限り結果は分からないものだから。

結局はバンジージャンプと同じだという。
やる前は怖いけど、いざ一歩踏み出して飛び込めば
意外とできてしまうものだと。

だから、まずは行動。
とりあえずやってみる。
フットワークの軽さ、
ノリの良さが大切なんだと教えてくれる。

『小利口になるのではなく、バカになって取り組む』

歳を重ねるごとに、知識や経験が積み重ねられていく。
だからこそ、その常識にとらわれず、
どんどん行動していていかなければならない。
やってみなければ、どうなるかなんて分からないんだから。

本書にも相変わらずホリエモン節が炸裂しています。
しかし、必ずや読者の心を揺さぶること間違いなしであろう。
本音で生きたい人。現状に不満がある人。目標に向けて頑張りたい人。
自分に喝を入れて欲しい人・・・
どんな人にも一度は手に取ってほしい一冊である

天野 


ブログランキングに参加しています!
下をクリックすることで
当ブログのランキング順位が上がります。
ぜひ応援お願いします。



内容(「BOOK」データベースより)

「後で何か言われそうだから、言わない」「失敗が嫌だからやらない」…。しがらみも多い日常の中で、本音を言わずに、本心を殺して過ごしてしまうことも多い。しかし、自分に言い訳ばかりしていて、後悔はしないだろうか?世間の声に惑わされず、常に本心を伝え、本音で生きてきた著者。本書では、本当に後悔しない人生を送るために必要なことを伝授する。

頑張る生徒を全力で応援しよう!

学習塾ユニバースクール

川崎市宮前区宮崎台駅より徒歩1分


kansei.jpg








この記事へのコメント

この記事へのトラックバック