0コメント

『探偵ガリレオ』(東野圭吾)

51X02VJ02NL._SX326_BO1,204,203,200_.jpg

  内容(「BOOK」データベースより)

突然、燃え上がった若者の頭、心臓だけ腐った男の死体、池に浮んだデスマスク、幽体離脱した少年…警視庁捜査一課の草薙俊平が、説明のつかない難事件にぶつかったとき、必ず訪ねる友人がいる。帝都大学理工学部物理学科助教授・湯川学。常識を超えた謎に天才科学者が挑む、連作ミステリーのシリーズ第一作。

感想

2007年ドラマ化された東野圭吾さんのガリレオシーリズ第1弾。

『探偵ガリレオ』では天才物理学者の湯川学と刑事の草薙が難事件に挑んでいきます。ドラマ版と原作では異なるところもありますが、テンポよくすらすら読めるのでとても面白いです。特に草薙と湯川の会話がとてもいい!!

短編集なので、小説が苦手な人にもオススメ!

理系用語が頻繁に登場しますが、知らなくても楽しめるがこの作品の素晴らしいところだと思います。

ドラマを観た人にも観てない人にもオススメです。※ドラマを観ているとどうしても福山雅治がイメージされてしまいます笑

東野圭吾さんの作品は大人にも子供にも楽しめますね!

『探偵ガリレオ』ぜひお楽しみください!

田中

ブログランキングに参加しています!
下をクリックすることで
当ブログのランキング順位が上がります。
ぜひ応援お願いします。

探偵ガリレオ (文春文庫) -
探偵ガリレオ (文春文庫) -


頑張る生徒を全力で応援しよう!

学習塾ユニバースクール

川崎市宮前区宮崎台駅より徒歩1分


kansei.jpg


 

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック