0コメント

『償い』(矢口敦子)

Unknown-1.jpeg


  内容(「BOOK」データベースより)

36歳の医師・日高は子供の病死と妻の自殺で絶望し、ホームレスになった。流れ着いた郊外の街で、社会的弱者を狙った連続殺人事件が起き、日高はある刑事の依頼で「探偵」となる。やがて彼は、かつて自分が命を救った15歳の少年が犯人ではないかと疑い始めるが…。絶望を抱えて生きる二人の魂が救われることはあるのか?感動の長篇ミステリー。

感想

今回は矢口敦子さんの『償い』という小説です。ミステリー作品らしからぬタイトルですが、そのタイトルに込められた意味を考えながら読むと面白いですね。

内容的にもミステリーっぽさはそこまでなく、登場人物たちの感情が伝わりやすいので比較的読みやすいです。

もちろん事件の犯人や謎解きも大事ですが、この作品はそういった人々の心の動きに注目して読んでみてください。また違った面白さを感じることができると思います。

テーマが重たく感じるかもしれませんが登場人物や事件・語り口の上手さがしっかり読むのをリードしてくれるので最後まで飽きずに読めると思います。

この本の中で「人の肉体を殺したら、罰せられるけれども、人の心を殺しても罰せられないんだとしたら、あまりに不公平です」という一節があります。

結局、心を傷つけるのは暴力と同じですよね。ネット上での誹謗中傷や陰口などは人の心を傷つけることになるのでやめましょう。

”もし自分がかつて救った人間が殺人者になっていたら?”

息子の病死と妻の自殺の責任を抱え込む主人公と人の心の悲しみが聞こえるという少年の結末はぜひ読んで確かめてみてください!

田中

ブログランキングに参加しています!
下をクリックすることで
当ブログのランキング順位が上がります。
ぜひ応援お願いします。

償い (幻冬舎文庫) -
償い (幻冬舎文庫) -

頑張る生徒を全力で応援しよう!

学習塾ユニバースクール

川崎市宮前区宮崎台駅より徒歩1分


kansei.jpg

 



この記事へのコメント

この記事へのトラックバック