0コメント

『忍びの国』(和田竜)

Unknown.jpeg

  内容(「BOOK」データベースより)

時は戦国。忍びの無門は伊賀一の腕を誇るも無類の怠け者。女房のお国に稼ぎのなさを咎められ、百文の褒美目当てに他家の伊賀者を殺める。このとき、伊賀攻略を狙う織田信雄軍と百地三太夫率いる伊賀忍び軍団との、壮絶な戦の火蓋が切って落とされた―。破天荒な人物、スリリングな謀略、迫力の戦闘。「天正伊賀の乱」を背景に、全く新しい歴史小説の到来を宣言した圧倒的快作。

感想

これは「天正伊賀の乱」を背景に、織田信長の次男の信雄とその家臣が、伊賀の忍びとの激闘を重ねる歴史小説です。

実写映画化でも話題ですね。


タイトルにもあるように伊賀といえば忍者!今回は忍者が主役のお話。


忍者物と聞くと一見フィクションが強いと感じる方も多いと思いますが、この作品は『校正伊乱記』や『信長公記』などの古文書を土台に描かれているので歴史的リアリティーがしっかりとしています。

それに加えて、忍者らしいアクションシーンも多く、とても読みやすい作品となっています!

歴史物が苦手な人にもオススメです〜!


登場人物たちのキャラも多彩さ、ユニークさと、それぞれの心の葛藤から生まれる関係性も見所です。

彼らの下心や策略、心理作戦が複雑に絡み合ってページをめくる手が止まりませんでした。


やはり注目株は凄腕の忍、無門。へらへらしていて、人を殺すことに対しても疑いはない。

そんな伊賀忍者一の実力を持つ彼は、家に帰ると妻のお国の尻に敷かれっぱなし。

家に帰っては奥さんの鋭い視線に怯えるという姿に共感できる方々もいるかもしれませんね、、、

だけれどもお国への愛情はとてつもなく、彼女に身の危険があると体を張って守ります。

お国もそんな無門の心に気づくのか否か、、、それは読んでみてのお楽しみです^^



果たして無門たちは信雄率いる伊勢軍に勝つことができるのか!?

ラストまで一気読みしてしまうこと間違いなし!


「おのれらは人間ではない。」

これは最後に無門が言い放った言葉です。

あらゆることを小馬鹿にし、冷笑をもって報いていた無門がどうしてこのようなことを言ったのか。

人間らしさとはどういうことなのか。


そんなことも考えながらぜひ「忍びの国」をお楽しみください!

岡田


ブログランキングに参加しています!
下をクリックすることで
当ブログのランキング順位が上がります。
ぜひ応援お願いします。


忍びの国 (新潮文庫) -
忍びの国 (新潮文庫) -

頑張る生徒を全力で応援しよう!

学習塾ユニバースクール

川崎市宮前区宮崎台駅より徒歩1分


kansei.jpg





この記事へのコメント

この記事へのトラックバック