0コメント

『人生の勝算』〜前田裕二〜

51eVXkJUmrL._SX338_BO1,204,203,200_.jpg


クオリティーよりもストーリー!
〜現代人が何を求め、消費するのか?〜

とにかくクオリティー高い商品を作ること。
そうすれば人気が出て、売れていく!

そう考えてはいないだろうか?

以前はそれでも良かったのかもしれない。
しかし、現代では今までとは違うものが、
確実に求められるようになってきているという。

そして、これから大切なものとして
お客様との
コミュニティ、絆、コミュニケーション、
インタラクション
などが挙げられている。

より"人間らしさ"や、"人ととの繋がり"というものが
重要視されるようになってきたのだ。

本書では、
最もその形において成功したアイドルであるAKB48や、
著者自身がギター1本で路上でパフォーマンスをし、
お金を稼いだ経験などを例に出し、
現代において、今後求められていくであろう価値を提示している。


確かに、
モノや情報は溢れていて、
必要なものは手軽に消費できるようになってきた。

さらにこれからは、ロボットやAI(人工知能)が発達してき、
より人間にしかないものが求められるようになってくる

その中でも、

人間が持つ "感情" というのは、
非常に大切になってくると思う。

どんな思いを持って取り組んでいるのか?
それを押し出すことで、
周りの人々が共感し、
一つの共同体ができあがっていく。

"感情" だけに限らず "人間らしさ" というのが、
非常にポイントになってくると感じた。

だから、
自分の考えや思いは、
どんどん外部にも発信していくべきだと感じた。

私自身も自分の思い・考えを発信していきたいし、
塾として、ユニバースクールとしての思いも
どんどん伝えていきたいと思う。


そして最後に、
この一冊を通して痛烈に感じたことがある。
それは、筆者の仕事に対する

圧倒的な情熱だった。

シンプルに誰にも負けない気持ちを持つことや、
そして、その思いで、何事も継続していく姿勢
常に持つことが大切だと、
再認識させられた一冊であった


天野


ブログランキングに参加しています!
下をクリックすることで
当ブログのランキング順位が上がります。
ぜひ応援お願いします。

内容(「BOOK」データベースより)


今、最も注目される若き起業家が生きていくための路上ライブで身につけた人生とビジネスの本質をすべて明かす―。

SNS時代を生き抜く為に必要な〝コミュニティ〟とは何か。
SNSの次の潮流である、ライブ配信サービスの最前線はどこか。

アーティスト、アイドル、モデルなどの配信が無料で視聴・応援できる。そして、誰でも配信者になれる。画期的な仮想ライブ空間の「SHOWROOM」を創り出した前田裕二の全思考。

「勝算なんて何の根拠もないことを、この若き経営者は知っている。だから、前田裕二を信じた。」
――秋元康

秋元さんが〝堀江以来の天才がいる〟というから会ってみたら、本当だった。
――堀江貴文

頑張る生徒を全力で応援しよう!

学習塾ユニバースクール

川崎市宮前区宮崎台駅より徒歩1分


kansei.jpg



この記事へのコメント