0コメント

『多動力』〜堀江貴文〜

51of-IcKWRL._SX338_BO1,204,203,200_.jpg


今までの常識を疑え!

〜新たな価値観を手に入れよう!〜


『多動力』とは?

いくつも異なる事を同時にこなしていく力。


タイトルにある通り、この力がこれからは大切だという!

でも実は、この力は多くの人が

苦手とするものではないだろうか?


私自身、一度に同時に物事をこなしていくのは、

今まであまり経験がなく、

どちらかというと苦手な方だ。


従来の考え方であれば、

一つの事を愚直にやり続けることが

美徳とされてきたかもしれない。


しかし、これからは考え方を少しずつでも

変えてもいいのではと本書を通じて感じた。


本書で大いに共感した部分を紹介したい。


それは、

まずはとにかく行動をするべき!

という考え方だ。

これは、本書に限らずホリエモンが
再三再四様々な場面で伝えてきた考え方である。


何でもトライすること

そして、そこからエラーが出たら少しずつ修正していく。

そうやって物事はよくなっていくものだ。


そして、本書でこんな例があった。


5年間準備して1回のフェスを行うより、

見切り発車でも不完全でもいいから、先にやってしまう。

そして5年間トライ&エラーを繰り返したフェスの方が

クオリティも高く、お客さんも集まるものだろう。


やはり、まずはやってみること。

行動しないことには何も得られないし、

失敗することで学び、良くなっていくものだ。



そして、もう一つ行動する上で重要なマインドを紹介している。

それは、他人の目を気にしないということ。

他人はそんなに自分のことに興味がないと思うこと。

少し寂しい考えかもしれないが、

そんなに四六時中、他人のことを考えている人なんていないし、

もし恥をかいとしても、時間が経てば他人は忘れていくもの。

意外と他人は、自分のことで精一杯なのだ。


例えば、集合写真があったとする。

真っ先に見るのは自分の映り方だろう。

他人のことなどいちいち気にしてない。


そんなものなのだ。


だから、

他人の目を気にしないというのは、

非常に大事なスキルであるし、

それを持つことで行動が大きく変わるし、

生きるのも楽になるだろう。


個人的には、一冊を通して全ての考え方に共感できた

訳ではないが、本書を読むことできっと今後の人生の価値観や

行動を変えるきっかけになること間違いなしであろう。


天野



ブログランキングに参加しています!
下をクリックすることで
当ブログのランキング順位が上がります。
ぜひ応援お願いします。


内容(「BOOK」データベースより)

堀江貴文のビジネス書の決定版!『多動力』

Iotという言葉を最近ニュースでもよく耳にすると思う。

これは、ありとあらゆる「モノ」が
インターネットとつながっていくことを意味する。

すべての産業が「水平分業型モデル」となり、結果〝タテの壁〟が溶けていく。
この、かつてない時代に求められるのは、各業界を軽やかに越えていく「越境者」だ。

そして、「越境者」に最も必要な能力が、次から次に自分が好きなことをハシゴしまくる
「多動力」なのだ。

この『多動力』は渾身の力で書いた。
「多動力」を身につければ、仕事は楽しくなり、人生は充実すると確信しているからだ。


頑張る生徒を全力で応援しよう!

学習塾ユニバースクール

川崎市宮前区宮崎台駅より徒歩1分


kansei.jpg


この記事へのコメント